FC2ブログ
menu | archive | admin
秋風に乗って高原をランデブー、美ヶ原高原・ビーナスライン編 
IMG_4885-1.jpg



K464に入ると行き交う単車が急増、時間もとうに昼時になっておりビーナスライン沿いの観光名所の混雑ぶりが思いやられます。

気持ち良さそうにコーナーをリーンしてゆくFマキ号を排気量にモノをいわせて追いかけたいところでしたが、ガスの残量が怪しいCBのカラータイマーが点滅寸前なもので、ここは三歩下がって影を踏まぬよう大人の走り♪
定番スポットの一つ白樺平の秋色も徐々に深みを増していっている様子。お約束の記念撮影を済ませれば高原美術館はすぐそこです。




そこそこの人出はあるものの、路肩に記念撮影用のスペースを確保するのに苦労する事も無く一安心。

山本小屋への入口を過ぎ、九十九折れに差しかかった辺りで遂にカラータイマーが点滅、燃料の残りが4Lを切った様です。
幸い今日の周り方だとビーナスは基本下りなので、女神湖手前のGSまでは十分に辿り着けるはず・・・、って解ってはいるものの何となく気持ち悪感じで落ち着きません。


扉峠、和田峠、八島ヶ原とまずまずの流れで通過、霧ヶ峰駐車場に寄ってFマキ家のお土産を調達。心地良い秋風にススキが揺れる中をグライダーが滑空しています。カメラを取り出してウロウロしたいところですが、残り時間の事を考えてここはグッと堪えて直ぐに出発。

 


霧ヶ峰~旧料金所跡までは、ビーナスラインをビーナスたらしめる核心部。女神の丘を秋風に乗ってFマキ号とランデブー。富士の望めぬ富士見台をスルーし、秋の陽光に照らされ輝くススキと女神の丘・・・なんてのを狙ってみたものの光に恵まれる事なく撤退。Fマキ語録にもある通り、ビーナスへ行く場合王様方(裏ビー)から先に周ると女神様のご機嫌は良くないようです。



なんとかガス欠する事も無く、女神湖手前のGSへ無事到着。約12L給油って事で残量は約2.5L、冷や冷やモノでしたが後50キロ位は走れた計算です。それでも何があるか解りませんから、この辺をデッドラインに思っている方が無難って事でしょうね。
大河原峠の手前辺りは所々彩りを増してきています。
次回は、秋色鮮やかな広葉樹の山へお出掛けが気持ち良さそうですよ♪
登山客で賑う大河原峠から別荘地帯を抜け、相変わらずガラ空きの蓼科スカイラインをほど良い速度で駆け下れば、午後の日に輝く稲穂と浅間山が印象的な佐久平に到着。
時間が許せば走ったことのないK93を田口峠経由で下仁田へ向かいたかったのですが、プラン通りならば既に高速へ上がっていなければならない時間でしたから素直にR254内山峠越えを選択。

本日二度目のセブンにてかなり遅めの昼食休憩を取り、下仁田で給油を済ませれば後は一気に自宅を目指すのみ。


事故渋滞の情報もあった関越道ですが、寄居~鶴ヶ島間をいつもの通りすり抜け、18時に所沢ICでFマキさんと別れました。
休日の帰りとしては珍しく、外環~首都高~京葉道と大きな渋滞に巻き込まれる事も無く19:15に無事帰宅。
Fマキさん、楽しい一日をありがとうございました。また遊んで下さい。
14時間半で666Kmの走行。燃費は19.33km/ℓでした。現在ODOは9,109Kmです。