menu | archive | admin
R9T慣らしツー・序章 

納車から一週間後の週末、まずは乗り手の肩慣らしも兼ねてご近所お散歩コースを一回りして来ました。

午前中スマホ用の電源取り出しと後付けパーツの取付作業を済ませ、試走を兼ねた慣らしにと午後からマッタリ目に出発しました。
20171001-02.jpg 20171001-01.jpg

イグニッションをONにしキルS/W兼用のスターターS/Wをプッシュ、ブルッと股間を揺すると同時に空冷フラットツインが目を覚まします。ゲルマン一族にあって柄は小ぶりな方かと思いますが、お目覚めあそばしますとアイドリング時のサウンド・振動は一族中でもトップレベルなのでは?、と思うくらいの大きさです。

今までお付き合いさせていただいた大和撫子達と違い、早朝に自宅前での始動などはもっての外。少し広めの通りまで押して出発が無難かも。ただ、小柄・軽量なボディのおかげで取り回しが楽ちんなところは救われます。

20171001-03.jpg 20171001-04.jpg

ライポジは、ハンドル幅こそ少し広めなものの極普通のネイキッドスタイル。ですがW650アップハン→CB1100タイプⅡと、いわゆる殿様ポジション歴12年かつ腰痛持ちのおやぢライダーには少々慣れと我慢が必要かもです。

それとチョッと曲者なのがチェンジ・ブレーキの両ペダル。特にチェンジ側は、横幅が短めかつ車体内側に寄り気味のペダルがサイドスタンドを出す時用の足掛けポッチと微妙に干渉してしまい、トウが厚いブーツでのシフトアップは相当慎重に操作しないとスムースにギアチェンジ出来ません。実は納車の日、手持ちブーツで一番トウが厚いHYODのブーツを履いて出掛けたのですが、R9Tを受取りDラーから出た直後に2速へのシフトアップを空振り。いきなり、冷や汗タラリンもので御在ました・・・(>_<)
20171001-05.jpg 20171001-06.jpg

ブレーキ側は大足の外人向け故か、支点から作用点までの前後長ピッチが少々長め。極普通の日本人サイズ(25.0)のおやぢライダーが、ブーツのヒールをステップにピタッと付けた状態でRブレーキを掛けようとすると、トウは何とかべダルに届く程度で微妙なタッチで踏むのが難しい感じ。必然的にヒールをステップに乗せ足裏をペダル位置に合わせ(前にずらし)て操作するしかなくなり、ヒールが高めのブーツだと何だかシックり来ません。

試乗の時に(と、この日のお散歩にも)履いていった、夫婦坂のA8メッシュだとさほど気にならない(トウが薄くヒールとの段差も小さめ)ので、A8のノンメッシュタイプを買い足すか社外のカスタムパーツからペダルアダプター(外側に少し長く、径を少し太くする)を導入するかの、どちらかで対処する方向を検討中。何れにしても、想定外の諭吉が飛んでいきそうなのが辛いとこです・・・(T_T)
20171001-08.jpg 20171001-07.jpg

あとScramblerの試乗記でも触れましたが、シートも今一シックリ来ないパーツ。座り心地ってより座る位置の問題で、この辺に座ってネ♪って位置が少し後ろ目なんですよ。ペダルと同じで、想定してるライダーのサイズは明らかに国産車より大きいみたいです。CBに6年装着し具合の良さは太鼓判のK&H製シート、同社ブログでR9T用シートの開発が最終段階に入っているのは確認済。これに関しては発売されれば即発注って事になりそうです。
20171001-09.jpg 20171001-10.jpg

何だかネガティブ要素のオンパレードになってしまってますが、どうしても比較の対象がCBなので少し分が悪いのは否めないですね。でも、何といっても無二の魅力は空冷フラットツイン。高回転域での魅力は少し先の楽しみにとっておくとしても、この日ETCの作動確認目的で一区間だけ試した高速を5速~6速・80Km∼100Km位で流してる時のえもいわれぬ心地良さ至福の領域です。CBでもそれなりに楽しめる領域でしたが、雰囲気の良さはビーエムの方が一枚上手に感じますね。

高回転も得意なエンジン故、意識的に抑えて走らないと気持ち良いゾーンをあっという間に通り越してしまいそうですが、そこは大人の走りに徹して大いに楽しんでいければと思っています。
20171001-11.jpg 20171001-12.jpg

R9Tシリーズにあって、単眼・タコメーターレス仕様のPure。付属のライダーズマニュアルでは慣らし走行の注意書きに・・・
*エンジン回転数は頻繁に変化させ、一定回転数での長時間走行は避ける。
*カーブが多く、なだらかな坂のある道を選び慎重に走行。
*エンジン・サスの負荷状態に注意する。
*ブレーキパッドの当たりが出るまで、効きの弱さはレバーを強く握る事で補う。
*慣らし運転(~1,000Km)の速度は、1速(Max50Km/h)・2速(Max70Km/h)・3速(Max90Km/h)・4速(Max110Km/h)・5速(Max125Km/h)・6速(Max140Km/h) *検証してませんが慣らし中のレブリミットは4,000rpm位に設定されてるみたいです。
と、有ります。

国産車と少し勝手が違う気もするマニュアル。まぁ~、大人し目に走ってればあまり過敏にならなくても大丈夫って事っすかね♪ 
2017/10/01 ルート この日、行動時間約3hで100Km弱走行。ODOは現在・134Kmです。
20171001-99.jpg

慣らしツー・本編。天気も良さそうだし、紅葉シーズンに入りつつある今度の連休に首都圏ツーリングプランフル活用で一気に片付けてしまいたいところ。さて、どっち方面を申し込もっかなぁ~(^^♪
 
いよいよ 
いよいよ本格的に始動ですね。
Wだとそんな風には感じませんが、ボクサーツインやVツインだとブルブルっと目覚めたという感覚なんでしょうね。
完成されたバイクとはいえ、日本人向きにできていない部分も色々あるでしょうが、これも味でしょうね。
今更バイクに体も合わせることは出来ないので、チバさんのことだから色々と駆使して自分仕様にしてしまうんですよね^ ^
手探り状態 
ヨッシーさん

まだ100Kmチョイしか乗ってないので、本性どんな奴なんか手探り状態みたいなもんです。(笑)

ローダウンサスで日本向けにしたつもりなのでしょうが、ステップ+シート+ハンドルの基本3点は外人向けのままなので少なからずカスタマイズは必要。その都度諭吉が飛んでいくが悩みの種。早く打ち止めにしないと、お出掛けに予算を割けない本末転倒状態に陥りそうでやばいっす。(>_<)
マフラー焼けてる? 
お疲れ様、とは言えない距離ですね😃
マフラーの色が、回転上げてないから焼けたわけじゃないと思うので元々ですか?

写真で見ると、結構迫力ある機体ですね
早く実物を見てみたいです。
エキパイの焼け色 
tomyさん

今度のも、CBと同じステンの単管なので新車からこんな感じなんですよ。これから徐々に黒くなっていってしまうんすよ。(/o\)
その点、W6も新型トラボンも外側がメッキの二層構造だからいつまでも美しい輝きが失われなくて羨ましいです。

そのご調子はいかがですか?、早く一緒に走りたいですね♪
secret

trackback url
http://chiba11.blog.fc2.com/tb.php/496-8505802b