FC2ブログ
menu | archive | admin
空冷フラットツイン 
20170817-07.jpg

ビーエムに乗り替え・・・、ではなく試乗です(笑)


梅雨に逆戻りしたような空模様が続く関東地方。久々に青空がのぞいた昨日の午後少し時間が空いたので、一ヶ月放置で鬱陶しいスポンサー広告が現れたブログのネタ作りに出掛けました。

試乗をお願いしたのは自宅からほど近いMotorrad Yachiyoさん。以前から興味深々だったR nineTシリーズがフルラインナップ、発売されたばかりのUrban G/Sは残念ながら試乗車がなくて外装以外ほぼ仕様が同じScramblerをお借りしました。
20170817-20.jpg

お店の方から試乗の注意事項と簡単な取り扱い説明を受け出発。5~6Kmの試乗コースも設定ありますが土地勘あるなら1時間位お好きに乗って来て下さい、とのお言葉に甘え近所のお散歩コースへ向かいます。
初めて乗ったビーエムの空冷フラットツイン、アイドリングから低速域ではScramblerに標準装着のアクラボ・サイレンサーのサウンド効果もあって大排気量ツインらしい力強い鼓動を感じます。ですが空冷最終型のDOHCヘッド、アクセルを少し大きめに開けさえすれば瞬時にレスポンス良く反応、容易にリッターオーバーらしいダイナミックな加速フィールが入手可能。
大柄な車体が多いビーエムのラインナップにあって、比較的に軽量・コンパクトな部類のR nineTシリーズ。農道で撮影の為Uターンなんて場面の取り回しはCBと比べても楽々でした。試乗車はフロントが19インチ化されたバージョン故、もう少し鷹揚なお乗り味を想像していたのですが以外にキビキビとコーナーを回れそうな感じがます。Fダブルディスクのブレンボも効き目は申し分なし。
20170817-01.jpg 20170817-03.jpg

シフトとクラッチは、乾式単板なこともありヌルッとしたペダルフィールからカツンと繋がる独特のもの。何かに似てるな~?、と思い起こされたのは以前ツーリング途中に試させてもらったFマキさんのMoto Guzzi V7。シフトとクラッチの他、Vとフラットの違いこそあれ縦置き空冷ビックツインにシャフトドライブと共通点の多い両車。そこかしこに近似性を感じつつ試乗を楽しんでおりました。
残念ながら少しネガティブに感じらてたのはライディングポジション。足をつくと丁度あたる位置にあるステップ、そこに乗って丁度良い位置に座ると、日本仕様に標準装着のローシートのアンコが薄いくシートが絞られた部分に尻と内腿がきて何だかシックリ来ません。セールス・メカニックの肩書をお持ちの説明担当者曰く、主要コンポーネンツの多くを空冷最終型R1200系と共用しつつFサスをテレスコピック化した為前輪位置がデフォルトより前目、且つカフェレーサースタイルの別バージョンと同デザインのタンクは前後長が長めな故ライダーは後ろ目。その辺り原型のR1200系との違いが微妙に影響してるかもしれませんね、とのお話しでした。
20170817-05.jpg 20170817-04.jpg

途中で自宅へも寄り、入口付近が傾斜し間口が若干狭め車庫な入れ具合も試してみます。左右に張り出したヘッドは何も問題なし。CBより30Kg前後軽量でリヤまわりがスッキリしたデザインの車体は、いつもより出し入れも楽ちん♪
20170817-18.jpg 20170817-19.jpg

お店へ戻り試乗車を返却、ショールームで少しお話しを伺いました。
先月の終わりに発売されたばかりのUrban G/Sは最も気になる存在。往年の名車R80 G/Sをオマージュした目を引くカラーリング。
20170817-21.jpg 20170817-08.jpg

ビーエムお得意のクロススポークホイール(タイヤはチューブレス)は日本仕様標準装備です。お値段、1,833,000円也。
20170817-23.jpg 20170817-22.jpg

そしてシリーズ中最もシンプルな仕様のPure、ローダウン仕様標準のため前後ともサスストロークが短くなってしまう所が少し気に掛かります。ただ前出の説明員氏曰く、ローダウン化によるネガティブな影響はなくむしろシリーズ中もっとも乗りやすい気がします、との事。お値段、1,670,000円也。

何れにせよ流石にビーエム、普通のおやぢにはチョット敷居が高いです。
20170817-26.jpg 20170817-29.jpg

ところでカウンターにどこかで見た覚えのある方が座ってるなとおもったら・・・、なんと元MotoGPライダーの中野真矢さん でした。どうやらR Nine Tのカスタム車を製作されるようで、その相談に来られたようです。
20170817-31.jpg 20170817-33.jpg

今回お世話になったMotorrad Yachiyoでは車種限定、今月登録を条件に特別セール中。詳しく書けませんが、新車でビーエム乗るなら今しかない!、みたいな条件かも。
ですが試乗を終えた帰り道、あらためて実感したのはCBの乗りやすさなんですよネ。困った事に・・・(笑)
20170817-99.jpg

そんなことより日本(関東?)の夏はどこへ行っちゃったんでしょ~?、このままいくと今年は夏休みツーなしかも・・・(T_T)
 
R1200 
しばらく見ない間に、サッサと乗り換えてしまったかと思いました。
R1200系はBMWの中で一番魅力を感じるシリーズです。
CBより軽量で取り廻しがしやすいとは思いませんでした。
でも乗り終えてCBに乗ると、CBの乗りやすさを感じるとはCBへの愛情なんでしょうね。
そろそろ 
乗り換えたかと思いました。
あそこは2回行きましたよ。
忘れましたが、ある車種に試乗しました。
でもモトグッチとトライアンフに傾きました。

弟がCBに乗ってますが、乗りやすいと言ってました。
水平対向エンジン 
ヨッシーさん

いえいえ、そんな簡単に買える代物ではありませんよ。
水平対向エンジンは魅力満点なんですけどね、そういえばヨッシーさんのクルマのエンジンは水平対向ですよね。もしSUBARUがバイク造りをやめなければ、今頃どんなのを出してたでしょうね?

CBの乗りやすさ、愛情ってか客観的事実って表現の方が適切だと思いますよ。(笑)
Motorrad Yachiyo 
tomyさん

よくよく考えてみると、自宅から最も近い大きなバイク店ってあそこなんですよ。

グッツィーは良いのですがDラーが遠いし、今のところT100が最有力かな?
でもまだ少し先の話でしょうね、なんつってもCB乗りやすいですからね♪
 
こんばんは
ついにパンドラの箱を開けましたね(笑
自分もボクサーツインを試乗した帰りのCB1100の「スムーズさ」は改めて感動しました。
特にマイルドなECUのCB1100は絹のように乗り易いですよね。
ここはやっぱり個性の違いでしょうね、今ではボクサーツインの鼓動感が好きになりました。

今年のMotorrad DaysのロゴマークはUrban G/Sなんですよね、BMWも100周年でネオクラシックに力を入れているのでしょうか、、BMWの色々なミーティングに参加してきて自分には空冷ボクサーはちょっとした憧れがあります(^^
空冷ボクサー 
SJさん

前から一度試してみたかった空冷ボクサー
始動直後、横にブルッと揺さぶられる感じとか雰囲気十分です。最終型のツインカムヘッドは回せば速いけど、のんびり流す方が楽しそうに感じました。
只、記事の中でもふれましたがライポジがシックり来ないのがネックですね。シートやステップ換えれば良くなるかもしれませんが、それにはさらに諭吉が・・・(+_+)

月内登録が条件なので決めるなら今週中がリミットなのですが、残念ながら今回は見送りの可能性大かも・・・(-"-)
secret

trackback url
http://chiba11.blog.fc2.com/tb.php/487-9a123467