FC2ブログ
menu | archive | admin
富士山へ撮影ツーに行ったのですが・・・ 
IMG_5366-1.jpg


三連休の最終日、何とか一日休みを確保し恒例の年賀用富士山撮影ツーに出掛けました。

天気は良さそうでしたが早朝冷え込むとの予報、検索してみると山中湖6時の気温が-5℃!
こうなるとアプローチは東名・御殿場経由が定石。陽が差して少し暖かくなってくるであろう7時半頃の到着を見込んで5時半に自宅出発。
レインボーブリッジを芝浦側へ渡り終えると、東の空が何とも美しいブルーとオレンジにグラジュエーションに彩られてます。いつか写真に収めてみたい景色の一つですね。



紅葉の磐梯ツーを終えた時点で10,000Kmに迫っていたODO、東名川崎ゲートを通過直後にキリ番を迎え路肩で記念撮影。
渋滞もなく順調に流れる東名。心配された寒さも、おろしたての夫婦坂製ウインターパンツ+復活なったヒートソックスのおかげで快適にクルーズ。足柄SAはトイレと給油のみつもりで立ち寄りました。
ほぼ同時に入ってきた白のCB1100の青年と暫し談笑。まだお若かそうなオナーさんでしたが旭風防にPBのステッカーや黒いモリワキショート管、どことなく昭和おやじ臭漂うカスタムです。(笑)



7時少し前に御殿場で東名を降り、R138を山中湖方面へ。須走り手前で気温-2℃、凍結注意の電光掲示に大人く四輪車の後に続き超慎重に走行。篭坂峠を越え山中湖へ向け下りになった辺りから、路面に白い部分が目立ち始め遂に気温表示は-3℃。四輪車の走行軌跡を外さないよう細心の注意を払い、そろそろと下ります。何とか山中湖へ下りきった所から路面がドライに変わり一安心したのは良かったのですが、湖一面靄におおわれてます。外気温より高い水温の意地悪でまたもやノロノロ運転を強いられつつ、撮影ポイントの平野付近へ。先にパノラマへ上がるか湖畔で靄が引くのを待つか・・・、少し迷ったのですが水蒸気の切れ間にチラッと姿を見せ始めた富士山に引きとめられ後者を選択。



定番の撮影スポット、居並ぶカメラおやぢの列の端っこにCBを乗り入れ手早くセルフショット用のセッティング。
良い感じに靄が切れ富士が全容を現し出すと、何やら辺りが騒がしくなってきました。近くに宿泊していた様子の小学生&父母の皆様が記念撮影に繰り出して来られたみたい。仕方なくベストとは言い難いアングルに三脚を移動しセルフショットを何枚か。
ブログの記事から多分近くにFマキさんも来られてるはずと思い、パノラマ台へ移動。こちらもそこそこの人出で良い場所は先客様に陣取られてました。何とか単車が乗り入れ出来る最後の撮影スポットを確保し、再びセルフショットを収めます。
この日のパノラマ台、久々にアルプスを眺める好条件。ブログアップ用に携帯での撮影も済ませたところで、定番のコンビニ朝食をいただきに平野の7-11へと引き返します。



27オレンジ軍団の隅に居場所を確保し、HOTコーヒーで肉まんを流し込みながらブログに記事を投稿。ついでにFマキさんのブログをチェックしてみると、20分程前に平野湖岸で撮影された画像がアップされているのを発見。ニアミスの匂いがプンプンです。パノラマ台へ向かわれるならこの前の道を通るはずと睨み、暫くお待ちしていましたがお姿は拝見出来ず念のため再び湖岸へも立ち寄ってみたのですが、聞き慣れたバーティカルサウンドはやはり無し。おそらく十里木高原へと出発されたものと判断し、後を追う事にします。十里木までのルートを考えながら篭坂峠を下ります。今の時期なら定番はR469で東富士演習場を突っ切りススキの大草原を楽しむルートなのですが、上昇しだした気温につられ明日から冬季閉鎖となる太郎坊で走行ショットなんか撮れないか?などと思ってしまったのが大間違いの始まりでした・・・。



そ~いえば、R138からR23へ向かう途中には紅葉が綺麗な公園もあるし♪ 
紅葉ショットを収めるには遊歩道へ乗り入れなければならず、黄葉の落ち葉で我慢しますが中々良い雰囲気。御殿場富士公園線(R23)登りの直線、残念ながら正面に見える富士山には大きな雲が掛かってしまってます。路面注意しながら太郎坊入口に到着、この先チェーン必要の看板はありましたが取あえず行ける所までと思いそのまま進みます。ここは翌26日からは冬季閉鎖になる道路、慎重に進みましたが何の問題も無くあっさりと御殿場口駐車場に着きました。



無事着けたまでは良かったのですが、しばらく待っても景色はご覧の通り。仕方なく十里木へ向かう事にしますが、ここまで来たら水ヶ塚PAへチョットよってみてから有料道路を下るのが近いかなとスカイライン方面へ。少し進むと雲に切れ間から真っ青な空と頂上が覗きだし、これは望遠で撮ったら迫力ありそうだな~などと呑気に気を緩めた一瞬の事・・・。
突如リアが空転、と同時に右へ大きくスライド。同時にハンドルは目いっぱいブレだしコントロール不能。フロントが突如グリップを失ったところで The End (/_;)
何とか引き起こし路肩に寄せようとしたのですが、最後の画像で木の陰になっている部分はテカテカ、ツルツルのアイスバーン。全く踏ん張りが利かず再び転倒する始末。
見かねた対向車と後続車の車から3~4人の方が助けに入ってくれたのですが、普通に立っているのもままならない状態。大人5人掛かりでも中々起す事が出来ません。転倒したままの状態で氷の上を少し滑らせ、何とかドライ気味のゼブラ付近までずらし、やっとの事で引き起こしに成功。
口では手伝って下さった皆様にお礼を言ってはいるものの、正直気持ちは傷ついてしまったCBの方へいってました。フロントまわりをチェックするとダメージ受けたのは主に外装パーツで、一先ず走行出来そうな感じ。車体の異常に留意しつつ、対向車のライダーへも減速の合図を出しながら先程まで黄葉撮影をしていた公園まで戻り気持ちを落ち着ける意味で一休み。
各部を再チェックしたところ高速も問題無く走れそうです。が、気分的にこのままツーを続ける気にはなれず御殿場ICへ。厚木~横浜青葉間で事故渋滞はあったもの、その後はアクシデントなく14時前に帰宅。
走行392km、燃比は18,27km/ℓでした。2012/11/25ルート


転倒による損傷につては後日また報告致しますが、身体は軽い打撲と擦り傷程度、単車も走行に関わる部分へのダメージは無さそうなので、一先ずご安心を。m(__)m
只、年内は活動中止とせざるをえませんネ。 年賀用画像、ど~すんべ・・・(-_-メ)