menu | archive | admin
梅雨の休日、上野原・道志・宮ケ瀬方面へ 
IMG_4357-1.jpg

more... »

「いすゞのトラック」 
 
マエさん、どんさん。
ど~やら夏川りみさん、ではなさそうですヨ。
 
フルコーラス聞いたら、益々気に入ってしまいました~(笑) ブルン、ブルン・・・♪
衣替え 
GW後、一度もお出掛け出来ないまま梅雨入りです。毎年の事ですけど・・・(T_T)
仕方ないので、夏に向けてチョッと仕様変更してみました。スクリーンを外し、カッコ良くなる(ハズの)パーツを追加して組み直します。 

 
追加したのはコレ↓、メッキ(ABS樹脂)のメーターカバー。  先ず脱脂して両面テープを貼ります 。

 メータ裏のビスを外しメッキカバーを被せ、付属のビスに交換して閉め込めば完了です。  

本来はライトは外さず、奥のボルト2本を外して作業するのですが、
今回はスクリーンを外すのでライトケースのボルトを外して作業しましたから、光軸調整もしないとダメですね。
 前回のブレーキメンテ作業後の確認も兼ね、近所の田園地帯を一っ走りしてみました。
自分的にはカッコ良くなったんじゃ~ないの♪、って満足してるのですが・・・(^-^)
mi-haruさ~ん、どんなもんでしょ~かね?(笑)
歌姫 


これからコンサートですぅ♪
トルクレンチ 
どんけつさんから、使ってるトルクレンチについてご質問を頂きましたので軽くご紹介♪
 
使用頻度の高い9.5ソケット用の、6-30Nmと20-110Nmを所有。
価格(2本で1.5万程だったかな?)の割に使い勝手、精度(校正証明書が付いてきます)ともにそこそこいけてると思いますよ。
 
上・下限値とも、限度いっぱいの所での使用は避けたほうが無難なので、リヤアクスルナット(CBは規定トルク113Nm)やクルマのホールナットに使うなら30-210Nmも欲しいところ。
でも使用頻度と手間の事を考えたら、その時はお店に任せた方が無難かなと・・・(笑)                


 
 
CB1100 ブレーキキャリパ周辺清掃 
*この記事は素人が所有車を自己責任で作業したもので、あくまで参考程度のものとお考え下さい。
  ブレーキは重要保安部品ですから、作業は整備資格を有する方に任せることをお勧めします。
  
最近(5,000km手前辺りからか?)、特にツーの後半などにブレーキ泣きが出たり、パッドのあたりが妙な感じになったりしだしました。
そこに持ってきて富山ツーで海砂の洗礼を浴びたもんだから保管中にパッドが当っている部分のみローターの錆びが目立つように…(T_T)
こりゃ~イカン!ってわけで、一先ず分解清掃してみることにします。

初めにフロントから。CBはWと違い、パッド交換はキャリパは外さなくても作業可能です。
パッドピンを外せばブレーキパッドのみ取り出せるようになっています。今回はピストン周辺のクリーニングを行いたいのでマウントボルトを外しキャリパも取り外したいのですが、問題なのはこのマウントボルト
サービスマニュアル(以下SM)によると、このボルトを外した場合は新品に交換要となってます。一度外したくらいでボルトの強度が落ちるはずはないしな~と思いつつ、外したマウントボルトを観察すると・・・。

何かネジ部に塗布されてますね。 このボルト、SMではアロックボルトなる名称になっていて、どうやら新品の段階でネジロック剤の様なものが塗布されてるみたいです。市販のネジロック剤が使用可となっているボルトもあるので、何か特殊なケミカルなのでしょうかね?
以前どなたかのブログで、H夢の店にタイヤ交換を頼むと異様に高い!って記事を拝見した事があるのですが、この辺りに原因がありそうですね。
ピストンとパッドスプリング周辺をブラシで水洗い、シールとピストンの当り面にCCIメタルラバーを差してから、サビと汚れ防止に露出しているピストン部分をカッパーコンパウンドで保護。勿論、はみ出た所と余分な所は後から綺麗にふきとりましたヨ。

バッド裏側のピストンが当たる部分も、軽くクリーニングしてから薄くカッパーコンパウンドを。
パッドピンは、スラッジを取り除いてからシリコングリスを塗布します。

元通りに組み付け、外したボルトを規定トルクで締めつけます。(とりあえず今回、マウントボルトは再度使用)
マウントボルト:31Nm
パッドピン:17Nm
レバーを何度か握って手ごたえを確かめ作業完了です。 
 
続いてリヤ。リヤはバッドを取り出すだけでも、新品交換要のキャリパボルトを外さなければなりません。
ネジ部のケミカル、フロントのとは色が違いますね。締め付けトルクによって違うものを使ってるのでしょうか? 規定トルクはキャリパボルト:22Nm、パッドピンはフロント同じ17Nmです。



これでまた、スムーズな作動が復活してくれると良いのですが・・・。